中途半端の美学

<   2014年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


廃人

任天堂DSを祖父にもらってから

子どもはゲーム三昧の日々を送っている

これではまずいと思い

ゲーマーの末路を見せることにした


Youtubeにネトゲ廃人と入れると

デブなおっさんが1日中パソコンゲームをする

ドキュメンタリーが見られる


これを一緒に子どもと見て

「ゲームは1日1時間。それ以上やるとこのデブおっさんのようになる」


と伝えると

多少は効果があったようで

「もうゲーム止める」と言い出した

スナック菓子片手に気持ち悪い笑みを浮かべるおっさんも少しは役に立つもんだ


ありがとうおっさん   


d0041506_12105479.jpg



あんまり年変わらないけど

[PR]

by koji_endo | 2014-09-18 20:44 | 子ども

糞ゲー

ほとんどの携帯ゲームは無料でダウンロードできるが

課金という恐ろしいシステムを内在している


昨年末

クレジットカードの明細が届いた

全く見に覚えのない請求が10万ほどあった

明細をよく見てみると

変な笛の音が鳴る中で黒人が岩を登っていくゲームや

バーさんが走って敵を倒していくゲームなど

いわゆる糞ゲーの類のゲーム名が書いてあった


子どもは勝手に私の携帯を使い

ゲームをダウンロードしていた

無課金でやっているだけかと思ったら

ゲーム内でバンバンアイテムを購入していたのだ


クレジットカードで購入できる設定にしていたのが失敗だった

すぐさまgooleplayに電話

課金の状況を詳しく聞かれた

担当者は

「確認しますが返金できない可能性もあります」

という




終わった


しかし、その後の行動だけは早かった

私が何をしたというと

ネットで日雇いのバイトに登録した

意気込みの欄には

「どうしてもお金が必要です。このままでは嫁に殺されてしまいます。年を越せません。何でもしますのでよろしくお願いします」


と書いた



しかし、不採用

年末の日雇いバイトで高額なものは倍率が高かった


最悪な気分で年があけたが

奇跡が起き

全額返済してもらった


担当者もこんな糞ゲームに課金するやつはいないと思い

「子どもが知らないうちに課金した」

という私の主張を信じてくれたのだろう


これがパズドラなどの人気ゲームだったら

間違いなく返ってこなかっただろう


糞ゲーに感謝した

今でも黒人が岩を登るゲームの笛の音が耳から離れない








[PR]

by koji_endo | 2014-09-08 19:58 | 本当にどうでもいいこと

豪腕ラリアット

先日

夏休みで実家に帰った際

家にある三沢vs高山のDVDを子どもと一緒に見た

それからというもの

毎朝子どもに攻撃されている


ソファーで寝ていると

三沢のダイビングエルボー


飯を食べていると

小橋の豪腕ラリアット


さすがに部屋にリングのロープなどはない

そのため

子どもはまず壁に向かって走り

壁をロープに見立ててぶつかり

勢いをつけて攻撃してくる

正直かなり痛い


この前嫁が言っていたのだが

高齢出産の子どもはおとなしいらしい

確かに

両親が40ぐらいの子どもは静かだ

そして言うこと聞く


これは

子どもが親の体力を察しているのと

親が子どもと遊ぶ体力がないという

2つの側面から来ることだと思う


小さい頃から遊ばせ過ぎたのかもしれないが

男の子は元気な方がいい

どうせ中学ぐらいになれば

口も聞いてくれなくなるので

今のうちは全力で子どもと遊ぼうと思う



「たーかーやーまーみーたいにーはーなーまがれー」


と言って攻撃してくる息子

そのうち本当に鼻が曲がると思う







[PR]

by koji_endo | 2014-09-04 20:33 | 子ども