中途半端の美学

<   2005年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧


Tシャツくん

ただ今Tシャツ製作中。

ハルクとりんりんと酒を飲みながら・・・。
[PR]

by koji_endo | 2005-06-30 21:03 | 本当にどうでもいいこと

本質

「平易な言葉で語れるということこそ、認識の深さの指標である」

by ヴェッセル


まさに本質をとらえた言葉だと思う

世の中の偉そうにしている人間は

難しいことを難しくいうならばまだしも

簡単なことを難しくいって

いい気になっている人間が数多くいる

難しいことを易しくいうのが本当の博識者だろう


でも、自分があまりにも無知すぎると

相手が本当に凄い人間なのか

本当ははったり人間なのかが分からない

相手のレベルを計ることができない

(スポーツ、芸術、学問どんな分野でもいえると思う。僕はどれも、とりあえず凄いか凄くないかは見抜けるレベルに達したと思う。学問の理数系は別にして。中2の因数分解のちょっと先あたりで数学をやめた。こんな人間がこの前まで中学生に数学をメインで教えていたというのだから、ぼったくりもいいとこである。2時間の間の45分は漫画を見ていたが、別に漫画を読みすぎてクビになったわけではない。規定回数を消化したのだ。兄と妹を教えていたのだが、兄の方には「エロティーチャー」と呼ばれていた・・・。)

これはその人にとって非常にマイナスで

自分が凄いと思った人は実はたいしたことがなかった

というのはかなり悲しいものである

相手のレベルを計るためにも

少し脳みそを使う必要がありそうだ


なぜ人は学ぶ必要があるのか??

僕はこの問にあえて

「はったり野郎の化けの皮を剥がすため」

と答えたい

自分のレベルを上げれば

本当に凄くて面白い人が見抜けるし

そういう人を大事にしていけば

人生よい刺激をもらえていいのではないだろうか
[PR]

by koji_endo | 2005-06-30 02:22 | 世間

暑すぎる・・・

今日は何だよこの暑さ

朝6時に起きて南部市場に行き、今週の土曜日にある七夕祭でだすお好み焼きの材料を買った。その後、アラビア語だけ授業でて(最近よく考えたら、出ている授業はアラビア語(週4)、マイ語(週2)、宗教と文化(イスラム)だけだ・・・。外語大だな。)その後、Tシャツ作るのやめてリストバンドを作ろうということになり、色んな店を回る。結局無地のリストバンドは見つからなかったが、三角(SOULとアメフトの後輩)が地元の百円ショップで見つけてくれた。サンクス!!まーリストバンドも上手くいくかどうか分からないが・・・。ビール24本×5を一度に運ぼうとしたけど階段だから、危ないからやめた。車から大量の荷物を家に運ぶ際に、引越し屋を思い出して、持ってない時は走るなど燃えてしまった。バカだな・・・。


何が言いたいのかよくわからないが、とりあえず今日は暑くて疲れたわけよ。

今週の土曜日空いている人はSFCまで来て、お好み焼きを買ってください!!
[PR]

by koji_endo | 2005-06-28 21:18 | 本当にどうでもいいこと

アイアイガサ

雨の中を一本の傘をさして歩く男女

女は自分の閉じた傘を手に抱えながら

男は片方の肩をびしょびしょに濡らしながら

前を歩く必要以上に肩を濡らす男

あまり肩が濡れていない僕

自分の肩が濡れるほど

本当に誰かにはまりたい

今日この頃
[PR]

by koji_endo | 2005-06-27 22:41 | 恋愛

いるわけないのに

街の雑踏の中

君に似た人を見かけると

自然と目で追ってしまう僕がいる

こんな時間に

こんな場所に

いるわけないのに
[PR]

by koji_endo | 2005-06-26 20:30 | 恋愛

なだいなだが出てきたので

僕が同じ作者の人の本を十冊ぐらい持っている人として

なだいなだ

養老孟司

小室直樹

がある


なだいなだは精神科医で

「民族というの名の宗教」「権威と権力」がおすすめ

プラトンがソクラテスを登場させ対話形式をとっているように

なだいなだも自分と架空の人物との対話形式をとっており

話は理解しやすいが

書いてあることはものすごく深い


養老孟司は解剖学者で

「バカの壁」で有名だが

あれはあの人自身が書いたものではない

よく売れているが・・・

「唯脳論」「カミとヒトとの解剖学」がおすすめ

唯脳論ははっきりいって難しい

世界が脳で一元化できると解説には書いてあるが

本人は違うところで

唯脳論は世界が脳で一元化できるということのアンチテーゼだといっている

解説も間違うぐらい難しい

スピノザ、デカルト、丸山真男などなど

思想界のオールスターが登場するので難しいはずである

「カミとヒトの解剖学」はまじオススメ

僕は普段本を読むとき鉛筆で気になったところや面白いところに線をひきながら読むのだが

この本は鉛筆だらけになった


ネタをばらすとこのブログは元はだいたいこの二人の本を読んだことを思い出して

なんか書いているのである

ただし、くさいことは書いていない・・・


勝手に思うにアラビア語の教授もこの二人の本を何冊か読んでいると思う

結構知っている話がおおいから

精神科医、解剖学者、宗教学者

精神、脳・身体、宗教

この三つはかなり同じ領域なのである

ソクラテスはカミの声を聞いたとか言われているが

癲癇持ちだったらしい

癲癇持ちの人には神の声が聞こえるらしい

イエスもムハンマドも癲癇持ちだったのかもしれない

こんなことを言ったら殺されそうだ・・・

脳のある部分を刺激すればかなりラリれたりするらしい

脳の手術をした人などは神的なものを見たりするらしい

人が何か分からない物体を見たとき

それが光に近いと神とか天使とかいい

それが闇に近いと悪魔とかお化けとかいうのだろう

たぶん




小室直樹はめっちゃ右

僕は真ん中だが

右か左かと問われたら左の人間だと思う

でも右か左かというのもナンセンスで

右の言い分もいいとこもあれば

左の言い分もいいとこもある

問題ごとに変えていけばいいと思う



まー天皇があまり好きではないし

国旗もなぜか抵抗がある

理由はない

僕がジェットコースターを嫌いなようなものである

まー「はだしのゲン」を小学校時代に読みすぎたせいであろう

「天皇のくそったれ」という言葉が全10巻のうちに何回でてきたかわからない

あれを幼い頃に読むと僕のようなひねくれ人間ができあがるのかもしれない

この人は日本が原爆を落とされてアメリカにむかついたので

京大の理学部に入って復讐しようと思ったらしい

ファンキーなじじいである

語り口が痛快で呼んでいるとおもしろい

3年前に「イスラム原論」というのを一番最初に読んだときに面白いと思ったが

今のかなりイスラムの知識がついた状態で読むとどう思うかはわからない

「資本主義原論」とかも面白かった気がする


最近本読んでねーな

こんな暇なのに・・・

10単位しかないのに

アメフトの練習を合わせると週6学校に行っている僕





今からSOUL VS ツインライナーいってきやーす♪
[PR]

by koji_endo | 2005-06-25 14:24 | 人生

○○イズム

今日のアラビア語の授業で「○○イズム」とつく思想は危ないと教授は言っていた

実はこの話、僕は2年前ぐらいから知っていた

なだいなだの「こころ医者の手帳」という本にその一説が載っている

ちなみにこの「なだいなだ」という人はアルコール依存者を専門とする精神科医である

「ドクター、イズムってつく語尾のつくものに、いいものはありませんな。わたしのかかっているアルコーリズムもいいものではないが、コミュニズム、マルキシズム、ナチズム、ファシズム、みんなよくない。エヘヘ」

これはアルコール依存者の台詞である

僕は猪木イズムは健全じゃねーの!!とくだらないつっこみをしてしまった

そんなことは野村幸代が写真集をだしたぐらいどうでもいい

話を戻そう

同じ「ism」という語尾でも日本語に訳されると

「主義」、「中毒」、「教」となるのである

マルキシズム、コミュニズム、キャピタリズムは

マルクス主義、共産主義、資本主義とそれぞれ訳され

アルコーリズムは

アルコール中毒

クリスチャニズムは

キリスト教

面白いものである

主義といえばたいそうなものであるように思えるが

中毒といえば単なる病気な人にみえる

あまりにも思想に傾倒している人間には中毒のレッテルを貼ってあげよう


現在の竹中平蔵とかいう海外に株を持ちまくっていて

偉そうに大臣などやっている人間には資本中毒とでも言ってやるといい
[PR]

by koji_endo | 2005-06-24 21:29 | 世間

集団心理

僕は人工物はあまりすきではない

やはり自然が一番いい

しかし、大桟橋から見る桜木町の夜景は綺麗である

女を落とすならここだ

皆もここで告白してみてもらいたい

たぶん女は落ちる

逆にここに連れていく男がいたら女性の方は要注意である

ここからは赤レンガ倉庫がライトアップされて見える

この赤レンガ倉庫には苦い思い出がある


まだ赤レンガ倉庫が工事中だった数年前

僕は女子高生をバイクの後ろに乗せそこに赴き

海を見ていた

しばらくたってバイクを置いたところに戻ってみると・・・


50人の暴走族にバイクが囲まれていた


どうやったらやれるのかしか頭にない当時の僕の心を見透かし

神はしっかりと天から見つめておられ

天罰を下したのだ

さすが神である

しょうがないので族に囲まれている中にバイクを取りにいく

「ねーちゃんやらして」「パンツみせて」

こんな声が飛び交う中

僕は平和主義者の面持ちでバイクにエンジンをかけ

「すいません、ちょっといいですか」

と言ってどいてもらいその場を後にした

前置きが長くなった


集団とは怖いものだ

普段一人では絶対しないことをさせてしまうし

本人も強くなったような気がしてしまう

暴走族一人なら僕にとっては全くモーマンタイだ

モーマンタイじゃなかったら何のために鍛えているのかわからない

一人で僕にからんできたか??

というと絶対にそういうことにはならなかっただろう

集団で調子に乗っているのである

暴走行為を一人でやっていたら僕は凄いと思う

暴走族から暴走男に名前を変えなければいけないが・・・

集団の怖さが嫌いなので

僕は昔から多くても3人ぐらいで行動することにしている

一人でびびってできないことを集団でするな

これが僕の根底にある

もちろん集団になるとついつい調子に乗ってしまう僕もいる

しかしそこまで度を超えていないはずだし

僕はいざとなったら僕がその集団を制御できる立場にいる集団にしか属さない




「人類の歴史はいかに人数を集めるかの繰り返しだ」

というのを本で読んだことがある

戦争もいかに相手を屈服させ自分の配下におくか

宗教活動もいかに自分の宗教に入信させるか

政治もいかに票をとるか

集団の安定感は確かに存在する

人は集団をつくりたがる生き物のようである

集団の効力は否定しないが

普段は個のスタンスの方がよいだろう

たまに集まればいいのである

たまに
[PR]

by koji_endo | 2005-06-23 13:22 | 世間

バイト論2

なぜバイトをするのか??

金のため

もちろんそうだけど

僕の場合はそこに色んな人に会うため

というのが追加される

むしろ金よりそっちの方が価値がある

基本的に学校の友達などは皆似た境遇である

高校ん時は私立だったが

高校から大学に行く奴がほぼ10割だった

その中でいくら個性を主張しようが皆同じである

今の大学にしても

小学校か中学校か高校のいずれかで頭がよかった奴だろう

正直あまり面白くはない

その中で主流から外れて生きている人間は面白いが



僕の人生でキーパーソンが何人かいるが

その人たちは皆バイトで知り合った人たちである

ここでのキーパーソンとは仲がいいということではなく

自分の考えが変えさせられた人ということ

バイトとかしたことない人はバイトをした方がいい

つーか世間を知れアホ!!

空気を読めなければすぐほされるから!!

ちなみに慶応の名前をだすとバイト先ですぐほされるとかよく聞くが

それはそいつのセンスがないだけである
[PR]

by koji_endo | 2005-06-22 13:13 | 世間

パラダイムシフト

天動説から地動説への移行

中世のキリスト教全盛時代に

コペルニクスさんが

「動いているのは天じゃなくて地球だよ、このインポども!!」

と言ったらしい

知らないけど



パラダイム

ある時代の物の見方、考え方の枠組み

それがシフトする

それには従来の価値、規範を壊さなければならず

大変な苦労を要する



僕のパラダイムシフトと言えば

「好かれた方が勝ちで好きになった方が負け」

から

「好かれた方が負けで好きになった方が勝ち」

への移行である

(まー普通の人は付き合っている状態だと仮定してください

僕のような独りよがりの人間は付き合っている状態だと仮定しなくてもいいです)

多くの人は付き合ったりしていて

自分より相手が自分のことを好きだと勝ちだと言う

(まー恋愛は勝ち負けではないが、あえていうと)

僕は人を好きになれない自分が

いつしか負けだと思いだした

好かれることより好きになる方が何倍も難しいからである



好きな女に歌を作っているまさや(インド買春男)を

僕は「くさすぎだろ」と思っていたけど

ブログで同じようなことをやっているくさい僕

まーこのブログは究極の自己満なので悪しからず
[PR]

by koji_endo | 2005-06-21 16:45 | 恋愛