中途半端の美学

カテゴリ:宗教( 10 )


神の名の下に ザーメン

結婚式を

キリスト教でもないのに

教会であげる日本人


別にいいのである

だって日本人だもの



外人に批判されたらこう答えよう


「神の名の下に永遠の愛を誓いますか?」

と牧師

「誓います」

と新郎

「誓います」

と新婦



神の名の下に誓う



神を信じているならば

これは大変なことである



この各国の離婚率統計によれば


トップ3は

ロシア、ベラルーシ、米国



米国は年間約100万人が離婚しているわけだが

このほとんどはキリスト教徒であろう



神の名の下に永遠の愛を誓ったはずなのに

多くの人間が刹那の愛でさようなら


神に背いているのである

実におそろしいことであります


離婚している奴が

原理主義者とかだったら

おそろしいを通り越し

実におもしろいことであります



このような輩に

日本人が宗教関連であれこれ言われたら

「この背信者がっ!!」

と叫びましょう



多くの日本人は

別に神を信じているわけでないので

別に離婚をしても

全く関係ないのである




教会では

アーメンをラーメンだのザーメンだので歌いたいのである


教会で

「アーメン ハレルヤ~」



「ラーメン 食べるや~」


と歌っていた小学時代



ちなみに様々な要因により

幼稚園、小学校ではキリスト教

中学、高校では仏教

大学ではイスラム教


と世界三大宗教を齧った私であります


爺さんは神主であって神道であります


実に雑多です雑多


まーこのような事情により

私は

宗教なり哲学なりが

面白いと思うのでしょう



ようは

考えている奴は面白いのです


「何で生きているのか?」

「人生の意味は?」

「いかに生きるか?」


など

まー答えが出る問題ではありませんが

この問いを

宗教なり哲学なりが

挑んでいるわけです


もう本当にキチガイとしか思えない解答も

苦心した末に生み出した結果ならば

愛おしくも感じます





先ほど

とある奴から

結婚をするという連絡があった


結婚式に行けるのか分からないが

行ったとしても

もう漱石しか入れない

よくて稲造


往復運賃が半端ないからである


みんな結婚していく年齢なのかもしれないが

まだ私は

働いてすらいない・・・
[PR]

by koji_endo | 2008-03-09 22:49 | 宗教

神論

問題です




「神の絵を描いてみてください」











*実際描かなくても思い描くだけでもいいです



































日本人に

「神の絵を描いてください」

と言ったら

ほぼ全員が人型の神様を描くであろう



本来

一神教の視点から見れば

神に姿形はないはずであるが

日本人に神が

人型であるように錯覚させたのは

キリスト教とドラゴンボールである

間違いない




一神教系譜の

ユダヤ教(モーセ)、キリスト教(キリスト)、イスラム教(ムハンマド)のうち

キリスト教だけ

キリストという預言者(人間)の名前を宗教にしてしまっている


宛もキリストが神であるかのような錯覚を覚える


正直私は

大学に入るまで

預言者と神の差など分からず

キリスト教においては

キリストが頂点であり神だと思っていた


そう思っていた人は多いはずである



(*イスラムのテストを受けている方へ。   試験前に慌てて「ラッバーニーヤ」とかをグーグルで検索するのはやめてほしい。一番上に表示されてしまう。アクセス解析のワード検索からいつ奥田先生の試験があるかというのがわかってしまうこの御時勢。おそろしや~)









そしてドラゴンボール

今アニマックスでセルが出てきたところであるが

(アニマックスで18時からドラゴンボールを見ることが唯一の楽しみ)

セルが出てきた時に

ピッコロは神様のところに行って合体する




神様のコメント


「神になる上で、私の中に邪悪な部分があった。

先代の神はその部分を見抜いていた。

そこで、私はその邪悪な部分を切り離して神になった。

しかし、その邪悪な部分はピッコロ大魔王になった。」





ドラゴンボールの神論は

①神は交代していく (世襲制か民主制かは知らない)

②分離や合体、出産もできる  (出産方法は口から卵を吐き出す方法)

③ナメック星人

④ミスターポポがいつも近くにいる


という四点に集約できる



本来の一神教の神は

①神はビックバン以前から不変な存在である

②神は唯一無二なので分離や合体、まして出産はしない

③ナメック星人という一個体生物ではない

④近くにターバンを巻いた目の丸い黒い人型の生物はいない



ので

ドラゴンボールの神像はめちゃくちゃちゃらへっちゃらであると言えるが

漠然と

我々ドラゴンボール世代には

「空の上の方にいて人型をしている」

というイメージを植えつけているのは確かである




ドラゴンボールは海外でも人気であるが

この神様を見て

一神教の人々がどのように感じているのかを調査したいところである





ちなみに

ワンピースの

スモーカー大佐は

アメリカでは喫煙を推進するようなアニメは禁止であるため

葉巻を剥奪されており

ただ白い息を吐くだけの

よくわからない変態大佐になっている




同様に

ドラゴンボールをイスラム圏で放送した場合

神には姿形はないので

神様は透明で画面に映らなくなるだろう

つまり、神様もピッコロ大王もピッコロも画面にはいない




悟空は幼少時代

片手でかめはめ波を打って透明生物と戦っていたのである


悟飯は幼少時代

悟空が死んでいる間、透明生物に修行を受けていたのである





よく分からない漫画になってしまうのである








d0041506_20593991.jpg

[PR]

by koji_endo | 2008-01-26 20:40 | 宗教

無宗教

日本人は無宗教とよく言われる

しかし

この無宗教の「無」という字

般若心境の中で一番出てくる言葉なのである

「無宗教」という言葉自体

実は

宗教的な意味を帯びている語

日本人は特に意識していないだけ


何かに対する畏怖、畏敬の心

これは誰でもどこか心の中に持っているものだと思う

「無」「非」「不」

否定語は色々あるが

非宗教、不宗教

としないで

無宗教としたところに

仏教観が自然に現れているような気がする
[PR]

by koji_endo | 2006-01-22 01:33 | 宗教

ニーチェさん

明日、宗教と文化という授業のテストがある

イスラムについてなのではっきりいって何も勉強する必要はないが

その授業で紹介された

ニーチェの「アンチクリスト」の現代語訳版の

「キリスト教は邪教です」という本を寝ながらパラパラ見てた

内容も文体も非常に分かりやすく

途中むやみにタバコ休憩していなければ

(最近気付いたが、犬はタバコが嫌いなようで僕から3メートル離れたところにすわる。そして、「受動喫煙の方が有害なんだよ、この若造が!!」という目で、今年13歳になるおばあちゃん犬は見るのである)

一時間ぐらいで読める内容である



この本は終始キリスト教批判

そりゃーそーか

キリスト教の人が見たら怒りだしそうな内容である

キリストは神の子でもなんでもなく

あくまでも預言者ということを大学の授業は言っていたが

この本はキリスト教自体について批判している

「キリスト教というのはどこまで神が落ちぶれることができるのか、その参考にしたいぐらいです」「キリスト教徒ってのは言ってみれば神経症患者みたいなもの」

まーなんでこんなにもニーチェがキリスト教を批判しているかというと

この本を読む限りでは

ニーチェの根底にあるいいもの=強いもの、現実、利己主義、

ニーチェの根底にある悪いもの=弱いもの、あの世、万人共通の真実、真理、博愛主義など

この悪いものが全部キリスト教なわけ

これがはっきりと書かれているから読みやすい

弱さや目に見えないものを信仰してしまうと、人々がデカダンス(何もやることがなく、無気力になる状態)に陥ると。当時のヨーロッパは腐りまくっていたらしい。

まー僕は強いものとか、利己主義を見せ付けられてもデカダンスになると思うので、やはり両者間を行き来すればいいと思う。自分が調子にのってきたら弱さにもどり、人生上手くいかなくなったら強さをもとめる。こんぐらいな人生がいいだろ。


まー本人もここまでは思っていないだろうけど、普通に一般論を書いても面白くないから

刺激的で反論異論を巻き起こすような内容にしたんだろう

たぶん



これ読んでもあんま明日のテストには関係なかったような気がする・・・。

商業的な匂いがぷんぷんして嫌になった

というのはこのタイトル「キリスト教は邪教です」いかにも目を引くし

中の章には「キリスト教のバカの壁」や「世界の中心で愛を叫ぶ」おごり

などがある

逆にこういう簡単な本が出版されまくっていると今の日本人はバカにされてんなと思う

それを買う俺もバカか・・・



ユダヤ、キリスト、イスラムの神が違うと思っていた人がいたんだけど
(宗教と文化の内容について質問された)

三つの宗教の神は同じだぞ~!!違うのは預言者のみ。

預言者の違いで戦争をおっぱじめてんだから

神はあきれ返ってタバコを吸っているに違いない

犬は近寄らないが・・・。
[PR]

by koji_endo | 2005-07-21 16:42 | 宗教

シャリーアの一般的特質2

俺がミスって読み間違えた倫理性をいっとくか


権利と義務の関係から


西洋法では

「彼に何の権利があるのか」

つまり「わたしのために何をしてもらえるのか」

イスラム法では

「彼に何の義務があるのか」

つまり「わたしに何が課せられているのか」

法の比較でいくならば

西洋法は権利の体系

イスラム法は義務の体系

となる

権利の主張は自己利益の主張であり

義務の履行は他人の権利の主張を満たしてやることである



「わたしに何が課せられているか」

いーよねこれ

Mの僕としては嬉しい限りだ

とーまそんなことはおいといて

僕はとにかく前に前にでてくる、しゃしゃる奴が大嫌いなので

こういうイスラムの基本原理には深く惹きつけられることが多い

結構色々と考えていたこと、またはその解答がコーランに載ってたりするわけで

「お、おれアッラーレベル」とか訳の分からないことを

外でパンツ一枚でタバコを吸い蚊にさされまくりながら

考えているあぶない輩である



話がそれた

つまりイスラムの義務と権利の関係は

「義務が果されたなら権利は守られ

問うこと以上に問われることを求めるのである」


本来とてつもなくストイック

自分の権利を声高に主張するだけのアホがどんだけいることか

そういうアホにはこの言葉を言ってあげよう






「あなたのわがままにはもう疲れたわ。いつも自分勝手。

もっとあなたに何が課されているか、あなた自身が考えてみるべきだったわね。

権利とはね、義務が果されて初めて口にしていいことなのよ。 (山場なのでゆっくりと溜めて)

ホント別れよ

次会う時はお互い笑ってシャリーアの一般的特質を話し合える仲だといいよね

じゃーね・・・」


なかなか別れてくれないうざい男には

シャリーアにおける倫理性見地からの別れの言葉を切り出してあげよう
[PR]

by koji_endo | 2005-07-15 17:04 | 宗教

シャリーアの一般的特質

予告通りいきます

でも、最初に断っておきます

多分、イスラムに興味ない人が見たら全く何言ってんだかわからないと思います

最後のジハードの方はためになるかも♪



シャリーアはイスラム法の中の一つである

イスラム法はシャリーア、フィクフ、カーヌーンなどに分けられる

シャリーアはコーランに書かれていること、つまり神が立法者

フィクフはムハンマドが周りの人にいったことをまとめたもの(論語みてーだ!!)

カーヌーンは人が作った憲法や法律(近代法はすべてこれだろ!!)


イスラム圏の国はコーランに書かれていることがすべてで

これが生活の規範になると同時に法律にもなる

宗教規範=法律なのである

この法律だがムハンマドが神から託された言葉を元にして編纂されたコーランを読み解き

時代に即して宗教者、学者、などが法律を適用させる

解釈学みたいなものであろう。たぶん・・・。

(解釈学。これは聞きなれない人が多いと思うが、それもそのはず。文学部の大学院にいってようやく登場する学問なのである。時代の背景などを照らし合わせ、古い文献などを読み解くものである。)


で、このシャリーア

重要なのは神が立法者ということ

人間が作ったものではないので、憲法改正や法律改正などが起こる余地はない

人間はとかく胡散臭い生き物なので、その生き物が作った法律は変わっていくに決まっている

しかし、神という絶対者が作ったものは変わらないのである

と10億人を越える人達は思っている


このシャリーアの一般的特質として

天啓性、倫理性、事実性、人間性、調和性、包括性が挙げられる

まー今日は天啓性について語っておくか

天啓性、ラッバーニーヤとアラビア語で訳されるものであるが

ラッブは主、主人という意味でこの主はアッラーを表す

これが多分この中で一番重要なものである

神を主と置く、しかし、単に神の奴隷(アブド)になれとはコーランには書かれていない

学ぶこと、教えることによってラッバーニーヤになれと書かれているのである

つまり、神と人間の関係には一方的な主従関係ではなく

人間の努力の介在の必要性を説いているのである

人がそれぞれ努力をしたうえで、神に仕えるというのが本来のイスラム教徒のあり方


昨日テロがロンドンで起こったが、「神のご加護を」とかいってテロを行っているのだろうが、

あんなのは本来のイスラムの教えからは脱線もいいとこである




で、「努力」と連呼したのには訳がある

ジハードという言葉なら皆も聞いたことがあると思う

これは聖戦だとか訳されている

9.11後では自爆テロの意味にもとられているのではないか??

「ジハード」の本来の意味は「努力する」という意味

「イジュティハード」という言葉の意味も「努力する」という意味であるが

ニュアンスが少し違う

ジハードは「~に対する努力」 つまり、外側に向かっていく努力であり

イジュティハードは「自らが努力」 つまり、内側に向かっていく努力なのである

テロなどは現状のイスラムの立場を嘆き

外側に対する努力として暴力的な行為を行ってしまっているのである

努力間違いである



合コンなどの機会に、女の前で

「これからのイスラム社会には

ジハードからイジュティハードの転換が必要なんだよね。

コーランに帰ろうぜ!!原点だ!原点回帰だ!」

と声高に言ってあげよう

ドン引きされるか、「あなたが家に帰れば」といわれるかの二択だのはずだ!!

お持ち帰りの確率は0を下回りマイナスに突入するはずだ!!



イスラム関連の本を何十冊か読んだが、書いている本人がイスラム教徒ではないためにこのようなコーランからの本質的議論は全くでてこない。イスラムを理解するにはやはりアラビア語だろ~。イスラム教徒の教授の去年の授業で習ったことを思い出して書いたが、この授業はクソ難しく理解するのが難しかったが(200人ぐらい受講しているはずなのに、出席をとらないから来るのは4分の1以下でしかも教室の大半が寝ている)まー自分の中では消化できたと思うので書いてみました。
[PR]

by koji_endo | 2005-07-08 23:23 | 宗教

神という装置

クリスマスを祝い、正月には初詣に行く日本人には

とりわけ神という概念は理解しにくい

(このことについて批判されることがあるが僕はいいと思う)

理解できたとしてもそれは万物に神が宿るという八百万の神的な考えである

一神教

本当に理解しにくい

神が万物を創生したと言われても胡散臭さ爆発である

現代の物理学ではプランク時間(ビッグバンが起きてからのほんのわずかな時間)までは

遡れるがそのビッグバンが起きたまさにその地点までは遡れないという

宇宙には宇宙意志というか神の見えざる手(アダム=スミスみたい。ちなみにinvisible hand

ってのを神の見えざる手って訳してんだよね。訳がうめーよ)のようなものが働いているとしか

思えない事象、事例が数多くあるという

まーそんなことを言われても全く胡散臭い

コーラン(イスラム教の聖典)にでてくる海という言葉と陸という言葉の数を数えると

7対3で実際の地球の海と陸の比率と同じとか

胡散臭い、とりあえず

でも、「神」を「神という装置」と言い換えたのならば比較的近づきやすくなる

つまり、神を相対化の手段として使うのである

「絶対的なものは絶対にない。神以外は」というものである


「アッラー以外に神はない」という言葉。この言葉は新しい世界の宣言であり、人間にとっての新たな誕生、人間の隷属からの解放、とりわけ人間にたいする隷属からの解放の宣言である。

byカラダーウィー 「イスラームにおける人権」


神を絶対的なものと置くと神の前では皆等しい

人種、性別、地位、職種などは

人間同士の間では優劣がつくかもしれないが

世界を創生した神の前ではそのような差は全くの無意味なものであろう

神の前では皆平等

これが神というものを置いた場合導きだせるものである

すべてが相対化される

国、指導者、慣習にも不用意に縛られなくてすむことになる


神を信じることはとっつきにくいが

神という装置というものはなかなかいいな

そのぐらいに僕は思う


信仰ではなく手段として神を使うのだ


これは宗教ボケしているとかいわれる日本人にしかできない裏技だ

色んな宗教のいいとこどりをしてやろうと僕はもくろんでいる


世界55億人のうち19億人がキリスト教信者、10億人がイスラム教信者らしい

この世界人口の半分は一神教を信じているというまぎれもない事実がある

やはりそれほどの人を取り込む魅力というものが確実にあるはずだ

それは

神を絶対と置いた前では、すべてのことが相対化される

ということにあると僕は思う
[PR]

by koji_endo | 2005-07-03 21:15 | 宗教

ループ

タイムマシーン

現代の物理学(相対性理論)では未来には行くことはできるが

過去に行くことはできないと結論づけられている

過去を変えると現在も変わるという考えと過去を変えても現在は変わらないとう考えがある

前者はドラエモン的なタイムマシーンの考えで

後者はドラゴンボール的なタイムマシーンの考えである

前者は過去、現在、未来が一本の直線状に並んでいる考えで

後者はその直線が無数に平行に並んでいるという考えである

後者をさらに説明すると

2005年5月23日12時00分00秒の世界と

2005念5月23日12時00分01秒の世界は違うという考えである

12時00分00秒、12時00分01秒、12時00分02秒の世界は確かに存在するが

相互の関連性はないのである

お互いが交わることなく平行に流れているのである



前置きが長くなった

ここからが本題

人はこのような自分の全く考えの及ばないことに惹かれる習性があると思う

タイムマシーンは実は時間のループ理論を使い過去に行けると結論付けられている

直線状に過去、現在、未来が並んでいるとしたが、

本当は過去、現在、未来がループ

つまり始点と終点が結ばれており輪になっているというのである

未来にいくとやがて一回りして現在に帰ってくるというものである

スケールが大きすぎる

寿命70年ぐらいの人間が語るには、考えも及ばないほどの時間の長さである

このように圧倒的なものを考え浸っているのが人間なのだ

このタイムマシーン理論

何かに似ていないか??

仏教の輪廻転生に僕は酷似していると思う

タイムマシーンと輪廻転生のループは、

人間の有限性(つまり死)と人間の超越的思考が合わさり自然と出てきた考えだと思う

誤解を恐れずにいうならば

宗教も科学も同じ人間が生み出したものである

その根底には人間の持っている「全く手の届かない超越的な何か」

に惹かれる習性が確実に存在する
[PR]

by koji_endo | 2005-05-23 12:33 | 宗教

神とは

「神」


みなさんはどのような姿、形をイメージをするだろうか??

たぶん多くの人が人間の形をした神を思い描くと思う

これが間違い

神に姿、形はない

ではなぜ人間の形をした神をイメージしてしまうのか??

これはキリスト教の影響

実はキリストは預言者であって神ではない

単なる人間である

それを後世の人が神に仕立てあげてしまった

ニーチェの「神は死んだ」は本当の神が死んだと言っているのではなく

キリストを神と崇めてしまっている当時のキリスト教を批判しているのである

モーセ、キリスト、ムハンマド

それぞれは単なる預言者にすぎない

預言者は人間である

これらの宗教の神は同じ

預言者が違うだけ

一神教系譜の宗教は神が同じなのにそれぞれなんで争うのだろうか

歴史と同じで宗教も後の解釈によって如何様にも変化すると思う

その時の指導者が宗教を自分のいいように解釈するのであろう

宗教戦争というが、問題なのは権力を握った者の人間性のようである

だから僕は上にたつ人間が人間性を伴っていないのをみると無性に腹がたつ
[PR]

by koji_endo | 2005-05-19 14:16 | 宗教

人の頼るもの

「人は宗教がなくても生きていけるが、信仰がなくては生きてはいけない」

養老孟子の言葉である。僕はこの言葉に深く共感を覚えた。

信仰とは拠り所、頼るもののことである。

何かに頼らずに生きていける人はいない。他人を頼らない人は自分を頼っているのである。

宗教をもっていない人は自分を頼ったり、他人を頼ったり、金や権力を頼ったり。

その場その場で拠り所を変え、そして不安定な自分に悩む。

救いを求め変な宗教にはまったりする人もいる。

これは「自分の拠り所が不変で確固としてあるものであって欲しい」という表れだろう。

僕ら日本人のように宗教アレルギーがある人間にとっては、一神教(神が不変で絶対的存在)

系譜のイスラム教、キリスト教、ユダヤ教などの宗教はなかなか理解しがたい。

神以外に不変で確固としたものなどあるのだろうか??

答えは 「ない」 と思う。

ではどうするか??

絶えず変わるという流れの中に自らをおけばいいと思う。

拠り所は「変わる」ということ。

この世に変わらないものなどない。

「変わらないもの。それは自分だ」

という人がいるかもしれないが、それはあまりにも傲慢であり思慮が足りない。

鴨長明「方丈記」の冒頭

「ゆく河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。」

結果や合理性・利便性など目に見える確固としたものが性急に求められる時代であるが、

この時代だからこそ精神だけは流れの中に置き、いい意味で不安定な方が生きやすい。
[PR]

by koji_endo | 2005-05-05 22:33 | 宗教