中途半端の美学

カテゴリ:俳句( 9 )


俳句9

花粉症

スギの精子を

ごっくんだ
[PR]

by koji_endo | 2007-03-09 16:53 | 俳句

俳句8

浮気じゃない

   動くダッチ

      だったのよ



ダッチワイフ。オランダの女性がふくよかなところから、ビニール製の物体はこのように呼ばれる。もし、あなたがホテルから出てきたところなど、浮気現場を彼女に目撃されたら、このように開き直って欲しい。それがプロというものである


彼女  「この女何よ?」

彼氏  「あーこれね。最新式のダッチワイフだよ。動くし、喋るし、腰振るし、科学技術の発展には恐れ入るね」

女(ダッチ) 「はい、動くダッチであります♪カ・ガ・ク・ギ・ジュ・ツ・ス・ゴ・イ」

彼女  「死ね!!」





おそらく頭をかち割れて殺されますが

希少価値の高い超バカな女なら騙せるかもしれません

というか

そもそも

そんなバカな女とは付き合ってませんね

バカな女はダッチ役ですね

はい




もしくは進化論を話してください


「男はオナニーするだろ。

要するに手じゃん。

それがちょっと発展するとダッチワイフの人型になるわけよ。

そのワイフに血を通わせると実際の女になるわけじゃん。

ということは女とやるということはオナニーじゃん。

今、そこのホテルで俺、オナニーしてたの。

最近のオナニーは進化してるんだよ、進化。」




まー殺されること間違いないでしょう・・・
[PR]

by koji_endo | 2006-10-02 15:39 | 俳句

俳句7

暗くして♪

  彼女の父ちゃん

        東京電力




電気は大切にしよう。資源は有限なのである。そういった観点から見ると、この言葉は地球に優しい言葉である。女の言葉に黙って従うものである。それが漢というものである。本当に彼女の父親が東京電力の人は御一報ください。
[PR]

by koji_endo | 2006-09-05 19:26 | 俳句

俳句6

叩かれて

   僕のお尻は

      マッカーサー




*マッカーサー

言わずと知れたドS職人。あの葉巻にサングラスの姿は超ドSの雰囲気を醸し出している。しかし、ドSはドMである。世の中の事象はすべて表裏一体である。日本に突きつけた、「天皇制の護持、戦争の廃止、封建制の廃止」のマッカーサー三原則は有名だが、ベッドの上では「ろうそくを持たず、作らず、持ち込ませず」という、ろうそく三原則に近いことを女に言っていたと推測される。
[PR]

by koji_endo | 2006-07-23 03:49 | 俳句

俳句5

知らないが

   テクの凄さを

        醸し出す

            総理大臣

                加藤高明




*加藤高明

24代目内閣総理大臣。しかし、加藤鷹を連想してしまう名前である。普通選挙法を導入し、やはり高さんは女にやさしい。と思いきや、治安維持法も制定し男には厳しい。やはり、プロはSにもMにもなれるものである。見習いたいところである。
[PR]

by koji_endo | 2006-07-22 15:31 | 俳句

俳句4

AVの声

    ベッド上の声

        聞き分ける僕

             プチ聖徳太子





*聖徳太子

一度に10人もの話を聞き取り理解したという

僕には二人

しかも喘ぎ声が精一杯である



ちなみに

ホテルのビデオを見ながらやろうとすると

必ず怒られるので

気をつけよう
[PR]

by koji_endo | 2006-07-20 06:30 | 俳句

俳句3

騎乗位で

  腰を振る

    彼女の名前は

        スレイマン1世






これで笑えた方は

かなり歴史通





騎乗位で

  腰振る彼女は

     ウィーン包囲





こっちの方が分かりやすい



*ウィーン包囲
1529年、スレイマン1世率いるオスマン帝国軍が、2ヶ月に渡って神聖ローマ帝国のカール5世の本拠地ウィーンを取り囲んだ事件


  

  



攻められるのもいいものである
[PR]

by koji_endo | 2006-07-18 21:10 | 俳句

俳句2

「舐めちゃだめ♪」

     彼女のあそこは

            治外法権





*治外法権

自国の主権が及ばない領域のこと

転じて

僕の主権が及ばない彼女の領域



なぜ舐めるのはよくて

舐められるのはダメなのか?



人は何故生きているのか?

と同様に

答の出ない問である
[PR]

by koji_endo | 2006-07-18 01:19 | 俳句

俳句1

今日から

一日一句づつ詠んで行こうと思います






けつを舐め

     けつをたたく

          彼女の名前は

                 ビスマルク










*ビスマルク

カトリックに対する文化闘争、社会主義者鎮圧法、一方で各種の社会保障制度を整える。
このアメとムチの政策はあまりにも有名である。
[PR]

by koji_endo | 2006-07-17 20:28 | 俳句