人気ブログランキング |

中途半端の美学

世界史的エロ小説~S女とM男~


「ねー今日どう?匈奴?」



彼女がこのように言う日は決まって僕がウィーン包囲される日である。

彼女は超スパルタ不平等条約を結ばれた国のように毎回僕はなす術がない。

前回は彼女にナイチンゲールされた。

陰毛を剃られたのである。ないチン毛・・・。




今日は何が行われるのだろう??

サンバルテルミの虐殺か・・・。


駅からわずか5分の彼女の家までの道のりは

憂鬱のためだろうか

毛沢東長征のように長く感じられた。


ドアを開け家の中に入ろうとする。

そこで見た光景は・・・。



出エジプトっ!!出エジプトっ!!」


僕は懇願した。


「いいから早く入りなさいよ!!」


ゲシュタポのように彼女は僕の腕を引き家の中へ連行した。


家の中には木馬と鞭が用意されていた。


ガウタマ=シッダールタのようにその上に座り解脱しなさい。」

彼女は木馬を指差し笑う。


「そんなバラモン・・・。」


言葉とは裏腹に

僕の体は正直で

先端からはユーグ=カペーが既に先走っていた



ポツダム宣言無条件降伏の僕はしかたなくトロイの木馬にまたがる。

そして、彼女は鞭でお尻をヒッタイト


イデアッ!イデアッ!


僕は叫ぶ。



非暴力・不服従ガンジー状態の僕は

塩の行進でしか対抗する術がない。

しかし、彼女は塩をふく気配はない。

つまり、僕は何もできないのである。



その後

何とか彼女とケロッグ=ブリアン協定(不戦条約)を結び

木馬と鞭から解放されたと思いきや

洗濯ばさみで僕の乳首をツヴィングリ



イデアッ!イデアッ!




さぞかしプラトンさんも

「乳首に洗濯ばさみとは実に形而上学的ですな~」

と天国から考察しているに違いない。


洗濯ばさみを付けたシュードラ身分の僕に彼女はこう言った。


ガリレイが死ぬまで地動説を主張し続けたように、ねちっこく舐め続けなさいよ。」



散々攻め続けられた僕は攻めに転じた。

賽は投げられたぜ。カエサルよ。

彼女のスエズ運河ゴールドラッシュ

しかし

彼女は一週間風呂に入っておらず

満州事変


「大変なことになっとるじゃけー!!」


広島弁で叫ぶ。


マン臭を部屋一面に漂わせながら、はにかむ彼女。

マリーアントワネットの微笑み。


「はにかみ少女気取りじゃけー!!いや、はにかみ少女などはいないたい!!」


事変のあまり最後は博多弁になってしまった。



しかし

なんだかんだ言っても

僕はクンニが大スキピオ


運河のゴールドラッシュの後

性感帯をリットン調査団

膝をペテロ、太股をパウロっと舐める。

体中をベルベル人し満足したのだろうか

彼女の全身はヒクソスしていた。

愛液タレース

愛液コルドバ


「今こそ塩の行進だ!!自ら塩を作るのだ!!」


心の中で叫ぶ。

ヒトラーが乗り移った中指。


ファシズム!!ファシズム!!

うおー!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

ゲルニカー!!!!!!!!!!!!!!!!!!





「痛っ・・・。」



「し、し、しまったぁ!!やりすぎてしまったぁ!!」

「このバカヒトラー!!バカナチス!!バカマイフィンガー!!」

自戒するがもう遅い。



コルシカ島を征服したナポレオンのように

彼女の顔がみるみる急変していく。



再び鞭で叩かれる。


イデアッ!!


その鞭は止むことがない。


鞭の嵐の中

僕は孟子性善説を思い浮かべた。


「鬼のような顔で鞭打つ彼女も本当はいい子なんだ。」


そう考えるとなんだか微笑ましくなってきた。



「何笑ってんのよ!!気持ち悪い!!このシュードラが!!」



前言撤回。

僕は荀子性悪説を信じる・・・。









メモ  


匈奴・・・遊牧騎馬民族。「匈奴が今日どう?」というのは座布団マイナス3枚の駄洒落である。

長征・・・瑞金から延安までの1万キロ以上にも及ぶ大移動。徒歩で。途中死人出まくり。どMである。

出エジプト・・・モーセを先導者とし圧制から逃げる。巷では、膣内から棒を抜くときも出エジプトと言う。

ユーグカペー・・・カペー朝の創始者。別にカウパー朝の創始者ではない。

ツヴィングリ・・・スイスの宗教者。別に乳首をつまむことが趣味ではない。

大スキピオ・・・ローマの将軍。孫は小スキピオ。二人ともクンニが好きかどうかは知らない。

シュードラ・・・カースト制度の最下層の位。カーストプレイはやっている人が多いと思われる。










世界史選択以外の人には少し分からなかったかもしれません。

岩波の世界史用語集でも買って勉強してください。

いやー夏休みって暇でいいですね♪

by koji_endo | 2007-08-06 21:58 | 下ネタ
<< 富士山に登るバカな人達へ スーファミはいいね~ >>