中途半端の美学

ジャンプエロ小説



今日はとってもラッキーマン

道端でワンピースを着た年上の女性に逆ナンされた。

ホテルに誘われたが、僕はルーキーズ、童貞であった。

ルーキーズの僕に「ホテル」という言葉は刺激的。

聞いただけで

ジャングルの王者ターちゃんの中に眠る魁男塾

今にもシャーマンキング

こいつは全くかわいいろくでなしブルースだ。


聞けば彼女はH好き。

中でも僕のようなルーキーズを好み

週末街に繰り出してはハンターハンターして

自分のドラゴンボールスラムダンクしてもらっているらしい。


ホテルに入る。

彼女の顔は陽の当たる外とでは別人だった。

間接照明に照らされ妖艶な顔で僕を見つめる。

僕の魁男塾はKOまさとめ状態。

すでに猛き龍星


彼女は時に地獄先生ぬーべーのように

時にワイルドハーフのように

ピューと吹くジャガーする。

初めての体験。

初めての感触。


お返しに僕は彼女に忍空

ぎこちない舌を走らせる。

初めて見るヒカルの碁

最初はアイシールド21だったが

刺激すると小早川セナのように姿を現した。

上部のふたつのいちご100%も硬くなっていた。

女性の体はジョジョの奇妙な冒険である。



「スラムダンクして。は・や・く♪」


彼女は囁き微笑む。

ルーキーズの僕を遊戯王しているかのようだった。


「うおー!!ボボボーボ・ボーボボ!!」


声にならない声をだす。

一心不乱に腰を振る。

欲望にあやつり左近されているかのように。


「ボボボーボ・ボーボボ!ボボボーボ・ボーボボ!」

「すごいよ、すごいよマサルさん!!」



僕の初体験は

年上の女性に

家庭教師ヒットマンリボーンされ

幕を閉じた。















あやつり左近、KOマサトメとかは

知らない人がいるかもしれませんね~


今度から

童貞のことを「ルーキーズ」

処女のことを「幕張」

と呼びましょう
[PR]

by koji_endo | 2007-07-15 02:02 | 下ネタ
<< 沈魚落雁 七夕祭の >>