中途半端の美学

人はいつから笑えなくなったのだろう

ダウン症の人を電車の中で見かけることがある。

一目見ただけで「違和感」を感じる。

この「違和感」は何なのだろう。

彼、彼女達は大人の顔で子供(赤ん坊)のように表情豊かに笑うのである。

「大人の顔で、子供の笑い」

違和感の根源はここにあると思う。

僕は普段から大人の作られた笑い顔を見ている。

成長するにつれて、無邪気に笑えなくなっている人が多い。

笑えなくなることが大人になることなのか??

僕はいつまでたっても無邪気に(中学生ぐらいの顔で)笑える人でありたい。
[PR]

by koji_endo | 2005-05-08 20:52 | 世間
<< 生き方 一方通行 >>