中途半端の美学

うんこ論

以下の文章は体の弱い方は見ないほうがいいです

あなたの精神衛生上非常によくないものです

題名見ればわかると思いますが・・・

一種のトラウマが出来る可能性があります










































あなたはアホですね

ではスタート









A 「カレー味のうんことうんこ味のカレーどっちがいい??」

B 「俺はうんこ味のカレーだな。だってカレーだもん。」

A 「俺はカレー味のうんこかな」

B 「きたねーな。お前。カレー味のうんこはうんこだぜ。お前今日からうんこマンな!!」



というくだらないやりとりをガキの頃にしたことがある人は

結構いると思う

まじでどーでもいい



しかし


「うんこを食べた次の日のうんこはまずい」     


                          リリーフランキー「美女と野獣」より



この迷言はどーでもよくない


適応力のある日本人は

本場インドのカレーは日本人の口には合わないと思い

味付けを変え日本に広めた

カレーは今では日本の大衆食となっている


この先人の努力を一瞬にして粉々にするこの言葉


「次の日はまずい」


つまり二日続けて食べているのである




アキタカ  「おっボタ、カレーつくってんじゃん」

ボタ     「本場のインドカレーだぞ。まじうまいって」

ユーロー  「だまれゆうしシェフ!!また殴るぞ」

アキタカ   「今食わしてよ!」

ボタ     「一晩寝かさないとだめだ。本場の味にはならない」

ユーロー  「うっせーよ。早く食わせろよ!!また殴るぞ」

ボタ     「さっさと出ていけ!!お前らには一生カレーのコクはわかんねーよ」

アキタカ・ユーロー  「うっせー。大根でも刻んどけ!!あばよ!!」


(この三人を知らないと全くわからないと思いますが・・・。)



カレーは一晩寝かせるとおいしくなる

つまり、二日目のカレーは前の日より美味しくなるのだ

しかし

うんこは一晩寝かせると(自分の腹の中で)

まずくなるのだ



おそろしい

おそろしい

ボタのカレーのこだわりもおそろしい


たぶん明日からカレーが食えなくなると思います

僕はこの本を読んでから

一週間ぐらいカレーを見たくもありませんでした

不快な思いをさせて申しわけありません



それを払拭するために

心温まるうんこエピソードを一つ



ある研究者が

うんこにバクテリアをいれて

うんこを栄養物に変えるという研究をしていました

便器に流れていく物体を再利用できないかと考えたらしい

そしてついに完成しました

研究者は自分のうんこのみで一ヶ月暮らしました


食べて出して食べてだして

この繰り返し

繰り返しが繰り返し


そして最後に言った言葉






「人類はクソを垂れている限り死ぬことはない」














今晩カレーの人は僕にスパムメールでも送ってください

お待ちしております
[PR]

by koji_endo | 2006-01-16 16:37 | 下ネタ
<< 日本ブログ大賞なんてものがありました グローバルキャンパスつまんねー >>